コンシダーマル 界面活性剤

知っとこ! ※コンシダーマルって界面活性剤※ 入ってるの?

 

コンシダーマルは、洗顔後は「導入液」「化粧水」「乳液」「美容液」「クリーム」「パック」と、6つの役割を果たします。

 

コンシダーマルは、国際特許である「ラメラテクノロジー」を使ったオールインワン化粧品です。

 

国際特許の「ラメラテクノロジー」とは、角質層の深〜いところまで潤す、肌がもともと持っているうるおい成分を作る技術のことです。

 

安心の無香料・無鉱物油・無着色・パラペンフリー・アルコールは入っていません。

 

浸透力が高く、肌の奥まで本当にうるおうので、これまでになかった感覚を味わうことができますよ!

 

 


そんなコンシダーマルですが、界面活性剤は配合されているのでしょうか? 

 

※界面活性剤とは、界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質の呼び名です。

 

 

コンシダーマルには界面活性剤は入っているの?

 

はい。コンシダーマルには界面活性剤が入っています。

 

 

まず初めにですが…、界面活性剤が全て悪い物質だとは限らないようです。

 

コンシダーマルのようなオールインワンには、多くは界面活性剤が含まれているということです。

 

界面活性剤と一言で言っても種類があります。

 

例えばコンシダーマルには、ステアリン酸グリセリン(SE)、ベヘネスー30、PPG-6デシルテトラデセス-30、ステアロイルグルタミン酸2Naといった成分が配合されていますが、これら4つの成分が界面活性剤に該当します。

 

 

コンシダーマルに含まれている上記の界面活性剤は、肌に影響がほぼなく安全性が高いということです。

 

 

では、なぜ界面活性剤が使われているの?という疑問がわきますが…

 

 

それは、化粧品の成分で混ざり合わない水と油が上手く混ざるために界面活性剤が使われているということです。

 

 

界面活性剤を入れないと、スムーズに肌に浸透する化粧品に仕上がらないのですね。

 

 

 

 

界面活性剤って毒性がキツいの?

 

界面活性剤と聞くと、悪いイメージがあるのは否めません。たんぱく質の性質を変えてしまう毒性があると言われているからです。

 

 

ですが、「界面活性剤の毒性は、カフェインの毒性よりも低い」と聞けば、なあんだ!その程度の毒性?と思いませんか?

 

 

界面活性剤とカフェインを一緒に比較するのも早合点かもしれませんが、要はこういうことなんだそうです。

 

 

つまり、お茶やコーヒーに含まれているカフェインそのものの毒性は中程度といわれています。

 

 

このカフェイン、実は大量に摂取すると危険なんです。

 

 

ですが、日常私たちが摂っている程度の量ならば健康に問題はないとされています。

 

 

界面活性剤は、このカフェインよりも軽度の毒性といわれているのです。

 

 

 

 

まとめますと、コンシダーマルに含まれる界面活性剤に相当する4つの成分、ステアリン酸グリセリン(SE)、ベヘネスー30、PPG-6デシルテトラデセス-30、ステアロイルグルタミン酸2Naは全て安全ということが分かりました。

 

 

ので、安心してコンシダーマルを使うことができますね!

 

 

 

 

 

→ コンシダーマルを最安値でGET!4,980円+送料600円 ⇒ 2,268円 送料無料での入手方法

 

 

 

コンシダーマルの最安値は?

 

コンシダーマルは、近所の薬局では販売されていません。

 

また、マツモトキヨシやハシドラッグ、ツルハドラッグ、ハックドラック、カワチ薬局などの大型ドラッグストアでも販売はされていません。

 

ドンキホーテや東急ハンズ、ロフトなどのバラエティショップなどでも店頭販売されていません。

 

コンシダーマルは通販のみの販売となります。

 

 

コンシダーマルが最安値で買える販売店は公式サイトです。

 

 

 

公式サイトのプレミアムコースでしたら、90日間の返金保証がついているので、安心して購入できます!

 

 

 

通常単品購入はこちらから!