コンシダーマル デメリット

※コンシダーマルにはデメリット、あると思いますか?

 

コンシダーマルは、オールインワンゲル?それともオールインワンクリーム?イイエ。コンシダーマルは「オールインワンローション」なんです。珍しいでしょう?

 

 

コンシダーマルのようにローションタイプって、かなり根気良く肌にすり込まないと馴染まないんだけど、これは肌なじみが良くてすぐにお肌に浸透しますよ。

 


そんな、コンシダーマルのデメリットについてサーチしてみました☆

 

コンシダーマルのデメリットとは?

 

コンシダーマルの悪い口コミを見ていくと、浮かび上がってきたコンシダーマルのデメリットはズバリ!

 

  • 保湿がもの足りない
  • ごわつく
  • 湿疹ができる

 

さらにこれは、コンシダーマルに限ったことではないのですが、そもそもオールインワンという性質上…

 

  • 肌の調子に合ったような水分と油分の量の調節がたいへん
  • 肌にトラブルが出た場合、1本で6役もあれば何が肌に悪かったのかを特定しづらい
  • 1本で6役を果たすので価格が高い場合が多い
  • コンシダーマルはアルコールフリー

それはそれで良いことなんですが…。アルコールフリーは、除菌力や清潔感がとかく弱いそうなんですね。ので、普通肌〜脂性肌の人は、アルコール入りの化粧品の方がお肌の表面が除菌されて清潔に保てるとされています。

 

アルコールの除菌力はニキビにも効くようです。また、超乾燥肌の人は気になる部分に重ね塗りをされた方がベターです。

 

とまあこんな感じで、コンシダーマルも「叩けばホコリが出てくる」じゃないですが、何かとデメリットもあるものですね。

 

 

コンシダーマルのデメリットをまとめますと…

 

  • 保湿がもの足りない
  • ごわつく
  • 湿疹ができる
  • 価格が高い
  • 乾燥肌の人は保湿などが1本ではカバーできない場合がある
  • コンシダーマルはアルコールフリーのため、脂性肌の人は、とかく雑菌がつきやすいので大人ニキビや吹き出物ができる可能性がある

 

とはいえ、何事も実際に使ってみないと何とも言えないのはコスメの世界も同じ事。

 

コンシダーマルを使ってみようかな?と思われる人は、返金保証がついているプレミアムコースか、いつでも辞めれるスタンダードコースがおススメです。

 

どちらのコースも通常価格よりかなり割安の定期コースとなります。

 

 

コンシダーマルの定期コース

 

項    目 プレミアムコース スタンダードコース
解約受け付け時期 4回目以降から解約受付 2回目から解約受付
初回価格 2,268円(税込)/送料無料 3,456円(税込)/送料無料
2回目以降の価格 4,082円/送料無料 4,309円/送料無料
90日間の返金保証 90日間の返金保証有り 90日間の返金保証無し

 

万が一お肌に合わない場合でも、公式サイトのプレミアムコースであれば、90日間の返金保証がついているので気軽に申し込むことが出来ますヨ! → 返金の条件など詳しくはこちら

 

 

また、スタンダードコースであればいつでも解約できるのでハードルが低いですね!

 

 

コンシダーマルを使ってみようと思われる方は、公式サイトがお得で安心です!↓↓↓

 

 

→最新のコンシダーマルを最安値でGET!  プレミアムコースなら継続特典がもらえますよ♪